前へ
次へ

スマホの使い方で肩こりの症状が変わる

多くの人が持つようになった携帯電話ですが、電話機能が主になるタイプよりもネットなどに接続できるスマートフォンを利用する人が多いようです。電話機能を使う分には単に耳に当たるだけですし、画面を長く見続けることもありません。しかしスマホはネットだけでなくゲームなども行えるため、1時間以上見続けたり1日数時間画面を見ることもあります。スマホの画面を見るときの姿勢は目線を下にすることが多く、自然に前かがみになってきます。スマホが広まることにより問題になってきているのがストレートネックや巻き肩で、これが肩こりの原因になるようです。スマホの怖いところは気づかないうちに良くない姿勢を長く取り続けてしまうことでしょう。それを日々行っていけば首から肩、さらに腰などにも痛みが出てくる可能性があります。肩こりを防ごうとするならスマホの位置を変えるようにしましょう。目の高さと同じところに画面を持ってくれば前かがみにならないので肩への負担は少なくなります。

Page Top